食べるスムージー「Saiby」の好転反応で活性酵素を体外へ除去

生の野菜・果物が48種類ぎっしり詰まった食べるスムージー「Saiby」を、食べ続けていると、身体にちょっとした変化が起こるかもしれません。身体に好転反応を起こると、老化を早める「活性酵素」を身体の外に追い出されて健康な身体に生まれ変わることができます。

食品添加物漬けの身体の中には老化を早める「活性酵素」がいっぱい

 

活性酵素

 

食品添加物が多い食べものばかり食べていると、身体の中に「活性酵素」がどんどん蓄積されていきます。この活性酵素は人間の身体の老化を早める原因の1つなので、可能であれば、出来る限り身体の外へ追いやりたいところです。

食べるスムージー「Saiby」には数多くの栄養素や第七の栄養素「フィトケミカル」が含まれているため、摂取することで、老化を早めてしまう「活性酵素」を安定させるアンチエイジング効果を得ることができます。活性酵素を外に追い出す「抗酸化物質」がたっぷりと含まれているので、体の内側から若々しくなることができるというわけです。

 

老廃物を身体の外へ出す時に起こるのが「好転反応」

 

好転

 

食べるスムージーなど、体に良い食べ物を摂取した際に身体に起こる反応を「好転反応」と言います。この好転反応とは、東洋医学で用いられてきた言葉です。

実は、身体に老廃物が溜まっているものが一気に外に出て行くと、人間の身体はこれまでとは違う状態になったと認識し、あたかも症状が悪化したような変化が現れる事があるのです。ちょっと分かりにくいですが「好転反応」といいつつ、身体の状態は悪化したような状態になるのです。

この「好転反応」は身体が急激な変化を察知して一時的に現れるもので、身体の老廃物が全てクリアになると、体調の乱れはなくなり、非常に健康的な状態になります。最初は悪いような状態に見えますが、最終的な良い状態に「好転」するので「好転反応」と呼ばれているというわけです。

 

好転反応に見られる人それぞれの症状

 

新陳代謝

 

好転反応の症状は人によってそれぞれに異なります。例えば、痒みであったり眠気であったりします。中には頭痛や便秘、ほてりやだるさの症状が出るケースもあります。これまでの不調が続いた体には「老廃物」が蓄積されています。そのような時に、急激に栄養を取り込むことで一気に血流がよくなり代謝がアップします。その結果、老廃物の排出が促されることで、一時的に体調不良のような状態に陥るケースがあります。この反応の続く期間も人によって異なるため、一概にどれくらいの期間ということは言えません。普段から野菜や果物を多くとっていて、体内の老廃物が少ない人は反応の期間が短くなることが多いです。

また、年配の人や高齢者と比較すると、若い人の方がその期間は短くなります。これは、新陳代謝に違いがあるためです。新陳代謝が早く良い状態にあるということは、その分体内の老廃物や毒素のデトックスが早くなります。それに伴って、この好転反応の期間も短くて済むということになるのです。

反対に外食が多く高カロリーの物を摂取している人や、インスタント食品およびレトルト食品を普段から食べている人は、その分老廃物が体の中に蓄積されているため、酵素の数が大変少なくなっています。したがって、この「好転反応」が大きく出てなかなか普段の状態に戻ることができない可能性があります。

 

活性酵素が溜まった身体はどんどん老化していく

いずれによせ、活性酵素が溜まった身体はどんどん老化していってしまうので、アンチエイジングをしたいのであれば、身体に「好転反応」を起こして活性酵素を外に追い出す事が必要になります。特に活性酵素による老けは急に来る傾向があるので、まだまだ大丈夫と思っていても、気がついた時には一気に顔が老け込んでいたという事も珍しくありません。

いつまでも若々しく生きていくために、食べるスムージーで毎朝の健康習慣から始めてみるのはいかがでしょうか?

Saibyで老廃物を追い出す

食べるスムージーについてもっと詳しく知りたい人は、下記をご覧下さい。食べるスムージーのダイエット効果・美容効果について、徹底的に解説しています。